栃木県の金属加工はアークテック株式会社へ!ステンレス等の板金加工を承ります!多品種少量生産対応できます。
アークテック株式会社HOMEへ戻る
   高精度板金  治工具・洗浄カゴ  テクノサービス  通信販売  
会社概要へ
環境方針
お問合せ
TEL:0282-86-0276
FAX:0282-86-0365

MonotaRO (モノタロウ)




海外工場                    ISO9001/ISO14001取得
 http://www.arktech.co.jp/ph/
〔海外工場公式Webサイト〕
アークテック株式会社では、アークテックフィリピンを開設いたしました。2003年に創業し、現地に進出した日系企業様、外資系企業様に精密板金部品・プレス加工・金型、アセンブリー製品の受注実績を持ち、その品質と信頼性に多くの取引先より高い評価をいただいております。
アークテックフィリピン
    2009年 新工場が稼働しました!
アークテックフィリピンは新たに工場をFPIPに移転いたしました。
海外生産拠点の基盤強化・拡充を図るため、ファーストフィリピン工場団地に移転いたしました。
新工場は、5678uの敷地内に工場棟@及びA(計3323u)から構成されています。クリーンルームや組立エリアなど新たな設備も導入いたしました。
今後もお客様に満足頂ける様、製品つくりに取り組んで参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。
   弊社の国外の生産拠点アークテックフィリピンをご活用下さい!
2002年、100%の海外子会社として進出以来、海外での生産メリットを活かした「もの創り」をご提案いたします。当社の特徴は、ただ単にコストだけを重視した、日本人スタッフ不在の『安い!でも不安?』な生産体制ではありません。

日本の本社との緊密な連携プレイと、国内と同レベルの生産設備、ノウハウ、品質管理体制を構築していることです。
   100%出資の単独進出自社工場です!
   フィリピン工場は、24時間稼働中です!
合弁企業にありがちな、“進出国の常識”に振り回され、結果的にお客様にご迷惑をお掛けすることはありません。
そして、何時にご連絡いただいても、日本人スタッフの対応が可能です。
3シフトの稼働体制が整備されました。2005年8月から、24時間稼働で操業しています。
◎ フィリピン工場の主要品目 ◎

【設計】
三次元CADによる機械設計、板金設計、電気設計
【精密板金加工】
試作品や小ロット品はタレパンやレーザーで生産、材料は日本製を現地または日本から調達し、殆どの材質に対応可能です。メッキ、塗装の対応も問題ありません。
海外材料(台湾など)も可能です。
【溶接】
Tig  抵抗スポット CO2 ロー付け
【組立て】
プレス加工品以外の機械加工部品、電気部品などを現地と直接取引し、必要部品を自己調達・アッセンブリーして、ユニット化納品できます。
【プレス加工】
型設計、金型製造、プレス加工まで自社で一貫生産対応します。150tまでの試作・量産加工が可能です。
【プレス金型製作】
金型製作、修理を行っています。
【樹脂加工】
樹脂金型の自社設計、加工、成型までお引き受けします。
【機械加工】
フライス(部品、冶工具)、旋盤(中挽モノ、小物ピン類など)
【仕上げ】
酸洗い、バフ仕上げ、ヘアーライン、電解研磨、洗浄
【メッキ・塗装】
亜鉛、ニッケル、銅、無電解、その他
メラミン焼付け、粉体焼付け、電着など
【印刷マーキング】
シルク印刷、マーキング

   2006年生産体制の増強を完了!
人員と加工設備(パンチプレス、NCタッパー、バリ取機、スポット溶接)を増強しました。

2006年6月フィリピン工場を拡張!
お客様の要求に適格にお応えするために、工場の作業床面積を拡張いたしました。
設備増設により、手狭になっていた作業環境が改善され、スッキリしたレイアウトになりました。又、事務所、ミーティングルームも拡充されお客様とのお打ち合わせも余裕が生まれました。


   新生産体制の拡充!

板金加工設備の増強
表面処理設備の拡張
新生産管理システムの稼動
海外スタッフと国内スタッフの連携
海外工場は人件費コストの大幅な低減にメリットがありますが、ここフィリピンでは高学歴で優秀な人材が豊富だということも大きなメリットです。海外展開の問題点として聞く話にコストは安いが品質、納期、顧客対応に不満が残るということがあります。
アークテックは現地スタッフと国内スタッフとの業務連携、コミュニケーションを高めることで国境を越えたお客様への貢献を目指しています。
   日本・海外の連携体制
フィリピンと日本との連携 フィリピンの「デジタルセンター」では、工科大卒の優秀な現地スタッフが三次元CAD設計を行っています。テレビ会議システムによる本社技術者との綿密な打合せにより、仕様書作成、試作製品の三次元設計、検査用図面、NC加工データ等を作成しています。
   トライアングル調達
日本とフィリピン工場の連携で、中国やタイ、ベトナムに進出しておられるお客様へ、現地工場から直接供給できます。
恵まれたロケーション
工業団地内
アークテックフィリピンが進出したのはマニラの南方バタンガスにあるフィリピン経済区庁(PEZA)認定工業団地です。
マニラから高速道路で約1時間の距離、工業団地内は電力会社(メラルコ)の専用送電線により安定した電力が供給されています。
日系大手をはじめ、著名な世界企業が進出し、後進国の工業団地といったイメージはありません。
恵まれたロケーション
▲工業団地入口
常時4名以上の研修生が、中・長期の教育訓練を受けています。
彼らとのコミュニケーションは、英語、日本語とタガログ語です。
生産体制
タレットパンチ 5台 プレスライン ベンダー
80t×2.5m
サーボベンダー ベンダーライン
焼付塗装(粉体・液体)

シルク印刷
生産・品質管理 生産管理
システム
ファイバーレーザー    
アークテックフィリピンでは、ISO9001:2000及びISO14001:2004の認証を取得するための活動を進めてまいりましたが、2006年11月に品質と環境のマネジメントシステムであるISO9001、ISO14001をドイツの審査登録機関のテュフから同時取得致しました。これにより、本社と同レベルの生産体制にまた一歩近づきました。
ISO認定証 ISO認定証
【認定証】
恵まれたロケーション
「海外調達」「日本品質」「高い信頼性」の問題解決は、
すべて私たちが実現します!

恵まれたロケーション
アークテックフィリピンの概要
会 社 名
アークテック フィリピン
ARKTECH PHILIPPINES,INC.
設   立
2003年6月30日
所 在 地
フィリピン共和国 バタンガス州 サント・トマス市 ファーストフィリピン工業団地
First Philippine IndustrialPark Sto.Tomas,Batangas, Philippines 
工場建物
土地面積 5678u 床面積3323u 
資 本 金
1200万ペソ (100%出資)
社   長
荒川英彦
事業内容
精密板金加工、プレス加工・金型、アセンブリー、ソフトウェア開発
工場内自動化設備機械の設計・製造・組立・据付・改良
機械切削加工、樹脂切削加工、焼付塗装(粉体・液体)、シルク印刷
接着、リベット、洗浄かご、製品パレット、生産用治具
設備投資額
約1億円
人   員
約150名  (2016年9月現在)
ホームページ
〔英語版〕 http://www.arktech.co.jp/ph/
〔日本語版〕 http://www.arktech.co.jp/ph-japan/
海外関連子会社
アークテックフィリピンの他、2法人が稼動中(海外は3法人) 
◆フィリピン関連リンク

電話・FAXでのお問い合せ
 アークテックフィリピンへの直通ダイヤルです。 

 【日本からかける場合】 
 TEL
010-63(43)-405-6140〜6142(3回線)
 
FAX 010-63(43)-405-6138

 
【フィリピン国内からかける場合】
 
  TEL (043)405-6140〜6142
 
FAX (043)405-6138

 ※営業時間は日本時間で9:00〜18:00です。
   英語・日本語での対応可。
在フィリピン
日本国大使館
フィリピン情報サイト
WINS Online
フィリピン航空
ファーストフィリピン
工業団地 
会社概要 サイトマップ サイトマップ
お問合せ
  English