ステンレス製の整列治工具・搬送用治工具の製作販売!特注の洗浄用カゴ(バスケット)・超音波洗浄かご・滅菌籠等の製作販売!試作から可能!
アークテック株式会社HOMEへ戻る
   高精度板金  治工具・洗浄カゴ  テクノサービス  通信販売  
治工具・洗浄カゴ
お問合せ
TEL:0282-86-0276
FAX:0282-86-0365

MonotaRO (モノタロウ)




   ステンレスについて
鉄とクロム・ニッケルの合金で、さびにくい鋼の材料です。
SUSと書き、一般的には「ステン」とか「サス」と呼ばれています。
■SUS304(オーステナイト系)

 「18%のCrと8%のNiを含むステンレス鋼」

洗浄カゴやパレットなどに、最も多く使用されるステンレス素材です。耐食性に優れ、光沢があり強度も強く、加工性に優れています。
非磁性で磁石に付きません。
「サスさんまるよん」とか、単に「さんまるよん」と呼ぶ。
■SUS430(フェライト系)
SUS304に比べ価格経済性に優れていますが、耐食性や強度は劣ります。
磨いたときの光沢も、SUS304に及びません。
磁性があり、磁石に付きます。
「サスよんさんまる」とか、単に「よんさんまる」と呼ぶ。
■SUS316(オーステナイト系)   「18%のCrと12%のNiを含み、Moを添加」
モリブデンを添加して耐食性、耐孔食性をさらに向上させたステンレス鋼。
海水をはじめ、各種媒質に対して304より優れた耐酸・耐食性がある。
「サスさんいちろく」とか、単に「さんいちろく」と呼ぶ。
   電解研磨仕上げ
ステンレスを溶接加工すると変色(酸化の黒ずみ)が発生します。
溶接後の酸化状態を放置すると、錆に強いステンレスも、やがてその部分からサビてくるのです。
精密部品の洗浄や医療用滅菌処理に使用するステンレスカゴには、サビ汚れは許されません。

そこで、『電解研磨仕上げ』が必要です。
酸化皮膜を取り除き、ステンレスの表面を不動態化させます。
 ◆熔接部分の焼けこげが取れます!
 
ピカピカの光沢で商品価値がアップ!
 
不動態化で耐食性が向上!
※さらに耐食性を要求する場合は、酸洗い等で不動態化処理します。
【電解研磨でピカピカの滅菌カゴ】
会社概要 サイトマップ サイトマップ
お問合せ
  English